入院歴のある私からのアドバイス!制限食の宅配ならココが良い

2020年8月8日

今から五十年程前の話になりますが、当時小学生2年だった私は、貧しい百姓の生まれだったこともあり、働かざる者食うべからずの教えの通りに、幼いころから両親の手伝いをしていた健康優良児でした。

それがある日、顔がむくんでいると言われ、急きょ近所の街医者に行きましたら、弁慶の泣き所と言われる箇所を先生が押して「あ、これは腎臓が悪い」と一言。

太い注射器で血液を採取され、検査の結果はやはり腎臓に問題が有るとの事で、駒澤大学駅の近くにある国立第二病院を紹介され即入院となりました。

 

そこでは、歩くことが禁止され一日中ベットの上での生活と、車椅子に乗せられて誰もいない長く冷たい廊下の向こうにある検査室までの往復が私の入院生活でした。

病室は6人部屋の腎臓病少年患者専門部屋で、小中学生だけでした。

そこで見た光景は、今でも忘れることが出来ないくらい衝撃的な事でして、そこに居た5人の少年が皆同じように太めの体格をしていたのです。

いわゆるデブだったわけで腎臓を長く患っているとこの様に太るという事を聞かされ、私も将来こんな風になるのかと子供ながらに落胆したものです。

 

そして、何よりも辛かったのは、病院が家から遠くにあることから両親も頻繁に来てもらえず、小2の私一人の時間が長く毎日不安な気持ちでいっぱいだった事です。

こんな時は、子供でも思う神頼みです。

前の年に他界したおじいちゃんに手紙を書きました。

随分昔の話ですので、その内容は良く覚えていませんが「おじいちゃん どうかびょうきをなおしてください」というような文面であったことは確かです。

その手紙を、ベットの横にある棚の上に、御札の様に立てかけておきました。

そして、しばらく入院生活は続きましたが、デブになるようなことも無く退院を許されたのです。

正におじいちゃんに助けられたと感じていた小2の子供でしたが、わたしの場合は急性腎炎という事だったようで、慢性腎炎とは違い長い闘病生活の必要が無かったという事が、随分後になって解りました

 

それにしても、当時を思い出して思う事は、食事のまずさです。

腎臓を患うと決まって減塩の食事になりますが、当時はそれがまた極端に少ないものになりまして、薬局店で薬臭い減塩醤油を購入し、ホウレンソウのお浸しにかけたり焼き魚にかけたりするのです。

もちろん入院中も同じように減塩の食事が出されるわけですが、これはもう苦痛としか言えないものでして、今でも覚えているのは、目玉焼きの上に缶詰のパイナップルが、丸ごとのっていたことがありました。

普通なら塩か醤油をかけるところ、真逆の甘いものが置かれているわけで、子供にとってこのことは、いじめに相当するほど悲しくて辛いものでした。

ただ、わたしは急性の腎炎でしたので、それほど長く減塩食を続けたわけではなかったのですが、慢性で長く闘病生活を送っている子供たちは、このような食事を長い期間食べ続けていたわけでそれを思うと胸が詰まります。

 

この様に数十年も昔の事ですが、腎臓の病に苦しんだ経験から、とにかく食事は美味しいもの食べたいと思うようになり、大人になって食べ物関係の職に就き美味しいものを追求するようになりました。

ところで、現在の腎臓病に対しての食事はどうなっているかといいますと、当時とは違って脱水防止や低ナトリウム血症防止のため、極端な減塩はしないいようです。

病院食でも、美味しく食べられるように色々と工夫を凝らしているようで、目玉焼きの上に缶詰めのパイナップルがのっているようなことは無くなりました。

しかも腎臓病用の宅配食事を提供する業者も現れてきましたので、それらを利用することで、美味しい料理を食べることが出来るようになったのです。

おすすめの腎臓病用宅配食事業者

そして当サイトおすすめ腎臓病用の食事を宅配してくれる業者は、ウェルネスダイニングです。

ウェルネスダイニングのおすすめ理由は、現代の腎臓病用の食事としてふさわしい食事内容に一番マッチしているからでして、塩制限たんぱく制限、それにリンの制限、それでいてカロリー不足が無いように工夫されている点です。

しかも、定期購入が出来ますので注文を忘れるという事がありませんし、又、スキップすることも停止することも簡単に出来ますので、とっても使い勝手がいいです。

 

それからウェルネスダイニングは、冷凍の食事を決められた曜日にまとめて宅配してもらえますので、時間と場所を選ばずに温めて食事をすることが出来ます。

あなたは、食事の宅配というと毎日届けてくれるお弁当をイメージするんではないでしょうか。

ただし、毎日届けられるお弁当だって、冷めていれば電子レンジで温め治すわけで、これなら冷凍のお弁当を温めるのとさほど変わらないのです。

しかも冷凍された食事は新鮮なまま急速冷凍されていますので、鮮度も出来立てのままを楽しむことが出来ますし、何より好きな時間に食事を摂ることが出来るのは、かなりの利点となっています。

詳しくはこちらの記事にあります。

ウェルネスダイニング宅配食事の詳細!良いところ不便なところ

成分表示

あなたは、病院から食事の指導を受けているかと思いますが、この表にある内容とマッチしていたならば、購入をご検討ください。

味について

この様にウェルネスダイニングのスタッフは、常に味の工夫、見た目の工夫などを凝らしていますので、毎日食べても飽きのこない食事となっています。

いやいや、だからと言って見た目だけで、実際には味気の無い食事じゃないの?と言われるかもしれません。

しかし現在の腎臓病と食事に関する考え方は、私が子供のころと変わりまして、塩分の摂取量が以前よりも随分緩和されています。

それは薬臭い減塩醤油を使うことなく、調理時の工夫で塩分量を減らしている事にも表れています。

食べる事にストレスを感じるようでは、治るものも治りませんからね。

価格について

7食 \4,800(税込\5,184)
14食 \9,400(税込\10,152)
21食 \13,900(税込\15,012)

ウェルネスダイニングの注文はセット販売形式でして、7食、14食、21食と用意されています。

価格は上記の様に、数が多いほど少し安くなっています。

冷凍ストッカーをお持ちでしたら一回の注文を多くしたほうがお得ですね。しかも一回の配送料ですみますから。

なんといっても、これが冷凍食品の良い所です。

定期のお届けについて

この表の様で解ることは、毎週定期的に届けられるのではなく、自分のペースで配達間隔を選べるという事です。

しかも、これらの組み合わせも、次回お届日1週間前メール電話をすることで、簡単に組み替えることが出来ます。

そして、休止についてもメールか電話で簡単に行う事が出来るので、早く食べつくさなければといったことにはなりません。

旅行等で少し留守にしていたので貯まっちゃったなんて時でも、電話一本でスキップすることが出来るのです。

ただきつい縛りがあるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そのようなことは全くありませんし、ずうっと送料が半額のままで、また休止することも出来ます。

それから、定期お届けを選ぶと管理栄養士に無料で栄養相談が出来ますし、オリジナルの食器が貰えます

口コミ

まとめ

コマーシャルでもおなじみウェルネスダイニングの紹介でしたが、他にも腎臓病にあった食事を提供している業者はいくつかあります。

ただ、ウェルネスダイニングが最も腎臓病用の食事にふさわしい内容であり、味の点においても満足のいくものでしたので当サイトでは一押しとして紹介しました。

ウェルネスダイニングのオフィシャルサイトはコチラになります。

管理栄養士監修の気配り宅配食 【腎臓病の方向け】たんぱく制限(10g)気配り宅配食

 

腎臓病用の食事を提供してくれる業者の比較記事がこちらになります。

腎臓病の食事を宅配する業者3社をおいしくて安い順に比較しました