ナッシュとゴーフードが激似!中身も同じ?味は?【比較】

2022年4月28日

冷凍宅配弁当業界に新しい風を送り込んだ感のあるnosh(ナッシュ)、多くのお客に支持されている最近有名な宅食サービスです。

GOFOOD(ゴーフード)は2019年07月に設立されたばかりの、まだ新しい宅食サービスです。

この2つの宅食サービスが似ているというので、ここではその似ている所と違う所を比較しました。

あなたの冷凍宅食選びのお役に立てれば幸いです。

nosh(ナッシュ)とGOFOOD(ゴーフード)の似ている所

この二つ、実は以下の点がよく似ています。

  1. オフィシャルサイト
  2. メニュー
  3. パッケージ
  4. 予約システム
  5. 継続サービス

1、サイト作りと注文方法

まずオフィシャルサイトですが、ゴーフードは設立した当時ナッシュとはそっくりでした。

初め目にした時、姉妹サイトなのかと思ったくらいです。

最近では双方ともに少しずつ変化させて、だいぶ違って見えますがそれでも基本構造はまだ同じです。

では未だ同じ注文方法について紹介します。

nosh(ナッシュ)

まず初めに配送間隔を「1週間に1回」「2週間に1回」「3週間に1回」の中から選びます。

次にセットの数を「6食セット」「8食セット」「10食セット」から選びます。

次にメニューを注文の数だけ選びますが、最近になって厳選メニューを自動で選ぶ機能も付きました。

この後に支払いと続きますが、この流れが初回の注文方法です。

その他のnosh(ナッシュ)の詳細は次の記事に有りますので、どうぞ参考になさってください。

 ナッシュ-nosh宅配弁当の特徴と口コミによる評価

GOFOOD(ゴーフード)

まずセットの数を「5食セット」「10食セット」「20食セット」から選びます。

次にメニューを決めますが、こちらもおすすめセットを自動選択してくれる装置が付きました。

この後に個人情報等を記入しますが、ここで配達周期を「7日」「14日」「21日」「28日」から選びます。

ココがナッシュと順番が少し違います。

GOFOOD(ゴーフード)にしてみたらここがnosh(ナッシュ)さんよりも細かく設定出来ると自慢したいんでしょうが、メニューを選ぶところは全く同じです。

多くの冷凍宅配弁当では、決まったコースを注文するだけで、好きなメニューを選ぶという事は無いのです。

ということで、ここもよく似ています。

GOFOOD(ゴーフード)クーポン情報はコチラの記事にあります。

人気急上昇中GOFOOD(ゴーフード)の口コミ評価【クーポンコード有り】

2、メニュー構成

どちらも低糖質を前面に出した食事を提供していましたが、最近は少し変化が出てきました。

nosh(ナッシュ)

低糖質低塩分を前面に出しています。

GOFOOD(ゴーフード)

低糖質・低塩分・高タンパク質・高脂肪の食事を提供しています。

ただどちらもレストランで出てくるようなおかずの構成になってまして、今までのお弁当の概念を脱ぎ捨てた、全く新しい宅配食の形態をとっています。

3、 パッケージ

nosh(ナッシュ)もGOFOODも自然に優しいパッケージを使用しています。

こんなところもよく似ていますね。

nosh(ナッシュ)

nosh(ナッシュ)のパッケージはバガスというサトウキビ搾汁後の粉でで作られた、環境に優しい「パルプモールド」素材でできています。

だから燃やしても有害な物質を出すことも無く、自然放置でも土壌で分解されます

また、有機溶剤の含有量が限りなくゼロに近いとされる、水性フレキソ印刷を積極的に使用しています。

こんな容器を使用してるところって、今現在nosh(ナッシュ)だけです。

GOFOOD(ゴーフード)

GOFOOD(ゴーフード)の食品容器包装は、石灰石を主原料とする「LIMEX Pellet(ライメックス・ペレット)」をしようしています。

不燃タイルとして開発されたLIMEXですが、その応用でこのような食品容器が開発されました。

そしてそれを積極的にGOFOOD(ゴーフード)が、どこよりも早く使用しているのです。

3、予約システム

私はプロのプログラマーでしたのでよくわかりますが、両方の予約システムにおけるプログラミングはほぼ一緒です。

Webデザイナーに表示部分の画像を作ってもらっているので。双方は違って見えますが中身はさほど変わりません。

ほとんど同じデータベースに紐づいたシステムになっています。

nosh(ナッシュ)

削除したり、足したり。引いたりとWEBコントロール(専門用語ですみません)上で全て出来ます。

GOFOOD(ゴーフード)

こちらも同じコントロールを使用してます。

4、継続サービス

継続するごとに割引価格で購入出来るサービスが両方に有ります。

こういったサービは今までの宅食サービスに無かったことで、似てはいますがお互いが切磋琢磨してのが良く分かります。

nosh(ナッシュ)

nosh clubというサービスがあり、例えば10食セットを17回注文すると、次から1食599円のお弁当が499円になります。

GOFOOD(ゴーフード)

こちらは年間の利用料を基準にしてますので、少なくても一年後にならないとランキングが解らないですが、忘れたころに割引になっているというのも嬉しいもんです。

nosh(ナッシュ)とGOFOOD(ゴーフード)の違う所

nosh(ナッシュ)にはスマホ用の専用アプリがありますが、GOFOOD(ゴーフード)にはまだありません。

ただし近いうちに必ず出てくると信じていますので、利用できるようになったらここでも書き込みします。

どっちがおすすめなの?

nosh(ナッシュ)のお弁当は品数も多く、又週に2品の新食事が発表されたりと全く飽きのこない食事となってます。

しかも味の点においても全く問題は無く、多くの口コミでも美味しい食事という高評価が目につきます。

一方GOFOOD(ゴーフード)は、同じ低糖質の他に高タンパク高脂質を売りにしていて、体作りといった点に着目した新しいタイプの食事となっています。

GOFOOD(ゴーフード)の様にボディメイク用という扱いで高たんぱく質メニューの宅配サービスは他にもありますが、かなりの高額弁当ばかりです

その点GOFOOD(ゴーフード)の食事はnosh(ナッシュ)の食事とほとんど変わらない価格で提供されていて、味においても問題は無く特に鶏料理が得意なのかその種類も豊富にそろっています。

という事でnosh(ナッシュ)のお弁当と、GOFOOD(ゴーフード)のお弁当はどってがおすすめなのという事ですが、それはどちらもおすすめということになります。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」初回300円Off

nosh

 レンジ調理で最短2分!宅配弁当の定期便【お試し購入も出来ます】

GOFOOD