もうご飯つくりたくないと感じた時!家族の理解を得る方法と代わる方法

2020年12月4日

もうだめ、ご飯作りたくない!
でも家族の誰もこの辛さを解ってくれない!
しかも誰が代わりに作るの?
どうしよう!

そうですよね、こういったことはまだ世間で話題になってない事ですので、誰も理解を示してくれません。

誰か代わってくれる人がいればいいんですが、それがかなわないとしたらどうしたらいいか解りませんよね!

でも、こうゆう事は我慢しないでちゃんと家族に伝えたほうが良いですし、そうしないでいるとストレスが貯まり、心身共に悪影響を及ぼす結果となります。

と言っても、家族の理解を得るにはどうしたらいいんでしょう。

そこでそんなあなたの苦しみを、家族に解ってもらう方法を紹介するとともに、代わりの案を紹介します。

 

その前に、もしもあなたが妊娠中でこのような気持ちでいたならば、こちらの記事を見てください。

つわりが辛い時の食事は宅配の冷凍食事ヨシケイの夕食ネットで乗り切って!

又、産後の過労が原因ならばこちらをご覧ください。

産後の宅配弁当で人気のヨシケイとママの休食を比較しました

ご飯つくりたくない病を家族に理解してもらう

もうご飯つくりたくない!と思うときには、ある種の病という見方もあり、これが進むと食べ物の味も解らなくなりますしうつ病の元にもなります。

ただ、こんなことになるほど辛いものだという事を、家族の誰もが理解してくれません。

ですので、これを解ってもらうために他の力を利用します。

 

それは、診療内科に行って、今回の症状を聞いてもらい処方をしてもらうというものです。

診療内科ですと精神病院と違って、すごく敷居が低いですので相談しやすいこともあり、ストレスの貯まりやすい近代社会では、多くのOLさんなどが通っていて精神安定剤などを処方してもらってます。

そんな診療内科での診察結果を家族に伝えることで、みんなが親身なって考えてくれることでしょうから、これでご飯をつくらないで、他の方法を探すことに繋がるわけです。

 

なんといってもお医者様のおっしゃる事ですから、ほとんどの方は信用しますのでその効果は絶大な物があります。

そこで、次にご飯をつくらないで済むための案を、3つ紹介します

提案1)近所にある外食チェーンよりデリバリー

寿司チェーンやピザの宅配、それにファミレスなどもデリバリーを行っている所があります。

これらを利用するのに最近では、LINEデリマのように割引クーポンを発行している所を活用することで、より安く購入することが出来きますので、以前より敷居が低くなりました。

と言っても、まだまだ割高であることには間違いありませんし、栄養バランスを考えると毎日の使用には向かないとも言えます。

コチラは、たまにの利用に適した方法という事になります。

提案2)冷蔵の食事を毎日届けてもらう

ワタミの定食やデイリーコープなどが行っているサービスでして、毎日送料無料で冷蔵の食事を届けてくれます。

ただ、こちらのサービスは老人の世帯に利用されていることが多く、あまり外出しない方を対象にしているように感じます。

しかも、冷蔵ですから、誰かが食べないで残った場合などは、長く保存することが出来ないので勿体ないですね。

そんなこともあり、まだ現役で働いている方向きではないかもしれません。

提案3)冷凍の食事を週一で届けてもらう

冷凍の食事をまとめて、週に一回届けてもらうという方法があります。

これですと、好きな時に電子レンジで温めるだけで食べられますので、無駄がありません。

ということで、もうご飯つくりたくないの代わる方法として、この冷凍の食事を届けてもらうというのが一番良いと言えます。

ただし、価格の面で生活を圧迫するようでは、何にもなりません。

そこで、低価格であり尚且つ栄養のバランンスも良い、冷凍の食事を配達する業者を紹介します。

それが、ヨシケイの「夕食net」、楽々味彩の冷凍弁当になります。

 

本来、ヨシケイは食材のキットを販売している大手でして、お弁当をメインにしている業者ではありませんし、定期での購入も行っていません。

冷凍のお弁当を専門に扱う業者のほとんどが、定期購入が出来たり、糖質制限や塩分制限、それにカロリー制限などの制限食が豊富に取り揃えられています。

 

では何故にヨシケイの夕食ネットかといいますと、冷凍の食事を利用する初心者が、初めに経験するのにとっても適しているからです。

それは、ヨシケイの夕食ネットで販売の「楽々味彩」が、栄養バランスの良い食事でありながら低価格であり、尚且つ送料無料という有り難いサービスに加え、定期購入ではないので退会手続きや中止などの面倒な処理が無く、好きな時に好きな量注文するという、初心者にとっては有り難い注文方法でもあるからです。

そしてその注文方法は、3食で1セットが6セット有り、その中からお好きなセットをお好きな数だけ注文するという方法になります。

ただし数量限定となっていますので、メニューが更新される月曜日に注文するのがおすすめです。

価格は、3食で1,020円(税込)ですが、初回はこの半額(3食510円)で購入することが出来る激安のサービスを行っています。

でも、これで家族のみんなに満足してもらえるか心配?

なんて最初から諦めないで下さい。

味にも定評のあるヨシケイの食事ですので、最初から否定されることはまずありませんし、何よりも栄養バランスが良いので、家族の健康管理にも役立っているのです。

しかし残念なことが一つあります。

それは、あなたが夕食ネットの販売店が無い地域にお住まいでしたら、このサービスを受けることが出来ません

ですので、まずはオフィシャルサイトで、近くに営業所があるかどうか、郵便番号を入れて検索してみてください。

もしも近くに営業所があれば、お試しで注文してみてください。

何しろ初回は1食170円で購入することが出来るわけで、こんなに安い食事はどこを探しても存在しません。

 

そんな夕食ネットのオフィシャルサイトはコチラになります。

【初回半額】夕食.netの「冷凍宅配弁当

 

もしも、あなたの家の近くに営業所の無い方は、全国どこでも配達される、「食宅便」の冷凍食事をご検討なさってください。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

食宅便の宅配食事の詳細!良いところ不便なところ

P.S.

少し元気も取り戻し、ご飯をつくってみようかなって思ったら、まずこの本を読んでみてください。

心が洗われ、すっきりしますよ。

料理研究家・土井善晴さんの著書

一汁一菜でよいという提案

新品価格
¥1,620から
(2019/8/13 15:35時点)

この書で土井先生は、こんなことをみんなに伝えています。

「食」とは人が生きるための基本となる行為なのに、何かに強制されるように義務感で料理しているとしたら辛いですよね。生きることそのものが辛いことになりかねない。だから、少なくとも自分と家族を守るということなら、何もそんなにむずかしく考えなくてもいい、心の置き場、基本となる形さえもっていれば、もう食事作りに悩むことはないんだよと伝えたかったのです。

私も、何か忘れていた遠い昔の記憶を、思い出させてもらえました。(それほどまでに、私は年寄りなんです。)

そうそう、私のような高齢者と同居されている方向けの記事がありますので、良かったらご覧ください。

高齢の親との同居で食事を作るのってもう無理です@だからこれにしました!

もうご飯作りたくない人の気持ち