高齢の親との同居で食事を作るのってもう無理です@だからこれにしました!

2020年10月13日

高齢の両親のいる私ですが、3人の孫を持つ身なれど未だに働かないと生きていけない現状があり、夜間労働をしながら老々介護を行っています。

妻は結婚当初より私の両親の面倒は見ないと断言していましたので、妻に頼るわけにはいかず、私が何らかの補助をしないといけないのが現状です。

 

余談ですが、日本の法律では、親の面倒を見る義務の生じるのは3等身まででして、お嫁さんは拒否することが出来るんです。

まあ、当初から妻には頼らないようにしようと決めてましたから、あまり気はなっていませんが、この様に我が家と同じ環境にある方は大勢いるんじゃないでしょうか。

 

それにしても今はそんな時代なんだと諦めるしかないわけですが、資本主義経済の先進国と呼ばれる日本では、私のような資本家でない者の運命というやつで、なんでも自分でやらなきゃならないんです。

また、3等身の身内は、何から何まで面倒を見なければいけないのかといいますとそうではなく、生きていくための手助けをすることが義務づけられているだけです。

 

ですから親に退職金があり、しかも厚生年金が多く支払われる場合などでは、子供たちが老人ホームなどの施設を探したりしているわけです。

 

では、私の家ではどうかといいますと、両親は共に国民年金ですので、介護施設に入れるようなお金が出ません。

ですので、家にいて生活して行く為の何らかの手助けをしなければならない、ということになるわけです。

 

 そして、夜間労働をしながら、何とか親の面倒を見てきましたが、ついに決断したことがあります。

それが、高齢の親の為の食事を作るのってもう無理ということで、代わりに宅配の食事に切り替えたことです。

なぜそうなったかといいますと、両親が老いると共に、かむ力や飲み込む力などが衰えてきて、時短で作る私の料理が合わなくなってきたからです。

冷蔵の宅配食

まず初めに利用したのが、地元にある仕出しのお弁当屋さんでして、毎日2食ずつ配達してもらいました。

ところが両親共に、この料理が好きになれず、約1ヶ月で解約となりました。

何が良くなかったのかといいますと、出来立て感が無かったのが原因でして、今さっき作った物という出来立て感が仕出し弁当では感じられなかったのです。

これって高齢者の感覚なんですね!私には全く理解出来ないところです。

冷凍の宅配食

次に、「やわらかダイニング」という冷凍の食事を宅配している業者を利用していましたが、ここまで柔らかいのは、私の両親にはまだ早いかなって思いまして、「Nosh-ナッシュ」の糖質制限食に切り替えました。

これ正解でした。

糖質制限と言えば健康食とも言い換えられる食事になりますが、ちゃんとした料理人による料理って、私の作るものとは全く違い、それはもう味はしっかり染みていて、しかも年寄りでもなんの抵抗も無く食べられる硬さになっています。

両親は、食べたいときに電子レンジで温め、まさに出来立ての感覚で食事が摂れているのが満足そうで、良かったなって思っているのと同時に、病気の予防食にもなっていると思うともっと早くこれにしておけばよかったかなって思ってます。

 

わたしは、週に10食のセットを「おまかせ定期便」で頼んでますが、私が休みの日などは、時間をかけて煮物などの料理をしてあげてますので、このサイクルが我が家には最適のようです。

そんな、「Nosh-ナッシュ」の冷凍食事ですが、まとめて10食一度に届けられますので、冷凍室はその分のスペースを開けておかなければなりません。

そうなると、一般の冷蔵庫の冷凍室では、他の冷食などを入るスペースがなくなり、冷凍の食事を注文する際に起こる冷凍室問題が発生します。

これに対処するにはどうしたらよいかという事で、即考えられるのは、専用のストッカーを別に用意するというものです。

おすすめの冷凍ストッカー

冷凍ストッカーって高いんじゃないの?と思いますよね!

実際の値段がコチラです。

ALLEGiA(アレジア) 冷凍庫 ストッカー(63L) 上開きタイプ フリーザー【省エネタイプ】AR-BD66-NW

新品価格
¥20,800から
(2019/8/19 14:49時点)

如何でしょうか、冷凍ストッカーの中でも割安のアレジアが、この様に割引価格で提供されています。

これなら手が届きますよね!

それから冷凍ストッカーって、電気代が心配になりますが、こちらの商品は、年間の電気代が5,940円ですみますので、これなら他の冷食も入れられて使い勝手も良く安心して使用出来ますね!

それから、よく言われる騒音についてですが、それほど気になる音は出ませんので、1DKにお住まいでなければキッチンがあるでしょうから、そちらに設置することで全く気になることは有りません。

 

ただ霜が少しでもついていたら、直ぐに取り除く癖をつけておいたほうが良いです。

私は、以前使っていた冷凍ストッカーを散々霜が付くまで放置し、その霜の中に食品が埋まるほどまでになってから、ようやく霜取りをしたんですが、ちょっと無理に叩き取ろうとして壊しちゃた経験があります。

そんなことの無いように、まめに霜取りをされることをお勧めします。

 

ということで、Nosh-ナッシュの詳しい説明はコチラの記事に有りますのでどうぞご覧ください。

nosh-ナッシュ宅配食事の!通販公式サイト良いところ不便なところ

2020年以降の我が家の食事

2020年春以降は、私様にnosh-ナッシュを注文していますが、両親には「わんまいる」の食事を利用しています。

わんまいるの食事は主食や副食がそれぞれ別包装されていますので、その日の体調に合わせて量を加減することが出来、全く無駄がありませんしなんといっても美味しい味付けに、両親も本当に喜んでいます。

わんまいるの詳しい情報はコチラにありますので、ご覧になってください。

わんまいる宅配食事の詳細!通販公式サイト良いところ不便なところ

 

それから噛む力が弱くなった親御さんのいるご家庭には、ウェルネスダイニングの柔らかい宅配食をおすすめします。

詳しくはコチラの記事にありますので、どうぞご覧になってください。

やわらかダイニング宅配食事の詳細!通販公式サイト良いところ不便なところ

関連記事はコチラにもあります。

年老いた父と母用にやわらかい冷凍の介護食を宅配するところを見つけたのでシェアします