一人暮らしの食費が2万円はやばい!健康的な生活を送る為の食費は

2021年8月9日

一人暮らしの食費を2万円に抑えるのってやばいですよ。

ここでは健康的な生活を送る為の、最低限必要な食費について取り上げてみました。

あなたのライフスタイルの参考になさってください。

一人暮らしの食費2万はやばい

人によっては月に1万の食費で済むなんて言いますが、空腹を満たせればなんでも良いという発想はどうなんでしょう。

間違いなく言えることは、将来に体の不調を訴えて入院という事になるでしょう。

その時に掛かる費用が数十万もしたならば、しかもその期間は不労なんで収入も減ることになるでしょうから、決して得な判断だとは言えないですよね。

厚生労働省と農林水産省の共同により平成17年6月に策定したバランスガイドには、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかの目安を分かりやすくイラストで示しています。

あなたもスーパーでなどで見かけたことがあるでしょう。

各食品メーカーはこの策定を元にして各々の食品を、必要な栄養素が含まれているとして宣伝しているわけです。

結局これって、健康で長生きするための食事配分を示しているわけで、決して月に2万でかなえられるものではありません。

しかもここでは取り上げていませんが、たんぱく質一つとっても良質な物が良いということは言うまでもありません。

なるべく新鮮で品質の良い、栄養価の高い食品を選びましょう。

一人暮らしの食費の平均は

総務省の家計調査 家計収支編 単身勤労世帯 2020年版では平均40,235円となっています。

因みに単身無職世帯では平均36,069円となっていて、外食が多い少ないの差ですね。

平均ですのでこの金額よりも高い方もいるわけで、想像するに高給取りであってしかも外食中心の生活をなさっている事はすぐにわかります。

それと反対に収入が少ないよって方もいるわけで、むしろそちらの方が多いのは統計の本当のところです。

そうなると自炊が主となってくるのは言うまでもありませんが、料理をする方は少数でしょうから主に安価な弁当やインスタント物で済ますという事になります。

そう考えると、月に30,000円前後の食費という方が圧倒的に多いわけです。

一人暮らしで健康的な生活を送る為には

健康的な食事とは栄養バランスの良い食事でして、先ほどのバランスガイドにある食品の組み合わせによる食事という事です。

人は年齢と共に各蔵器も弱ってきますし必要なエネルギー量も減ってきますので、量よりも質を考えるようにしましょう。

でないと間違いなく成人病に犯されることとなるでしょうし、その時の出費もばかになりません。

だからと言ってそんなバランスの良い食事を摂る事なんて、ちょっと考えても無理って思いますよね。

そこでおすすめしたいのが、今流行りの冷凍宅配弁当です。

一部の冷凍宅配弁当を除いて、そのほとんどは栄養管理士により考えられた食事を提供しています。

中には低糖質・カロリー減・低塩分などの食事もありますので、制限食を必要とする方に多く利用されています。

当サイトでは冷凍宅配弁当の比較を行ってまして、一人暮らし用のお弁当を紹介した記事がありますのでどうぞそちらをご覧ください。

https://takuhaisyokuji.xyz/ 一人暮らし 冷凍宅配弁当

一人の食費は年収手取り分の15%と言われますので、手取りが240万ならば月に3万が食費となります。

一人暮らしで健康的な生活を送る為の食費は、紹介の冷凍宅配弁当を利用する事で無理なく手取りの15%以内に抑える事が出来ますね。

あなたも是非お試しになってみてください。

意外と美味しいんで驚く事間違いなしです。

節約の為のチェック項目

ここでは簡単に出来る節約法を順番に見ていただき、浮いた分のお金はあなたの健康の為に栄養バランスに優れた冷凍の食事代に充ててください。

1、買い物をする時は、安さに目を奪われないようにする。

本当に安いかどうかはコスパが良いか悪いかで決めるのが良くて、食品ならば新鮮で尚且つ量が多い物という事になります。

又、安い食品を求めて距離のある場所まで買い物に行くのは、時間の大きなロスにも繋がりますのであまりお勧めしません。

よく目にするセールの文字ですが、本当に必要な物が安価になっているならいいんですが、それ以外は無駄という事になりますので衝動買いは控えましょう。

2、キャッスレスやポイント利用する

プリペイドタイプやデビットタイプの電子マネーならば、初めに入金した額しか利用する事が出来ないので無駄づかい防止効果があります。

また、ポイントは必ず利用するようにし、ポイント増量の日などは前もってチェックしておきましょう。

3、ガス代と電気代は自由化を利用するようにしましょう

私は電気代をAUにしています。だからと言ってAUが電気を供給しているわけではなく、決済をAUが受け持っているにすぎません。

ただそれでも電気代が安くなったり、auPayのポイントに変換できるnanacoポイントが付いたりします。

この様に電気・ガスの自由化を積極的にりようしましょう。

4、スマホは格安SIMに切り替える

スマホは格安SIMに切り替えることで、月額利用料を安く抑える事が出来るのはあなたも良くご存知かと思います。

AUなどは窓口で子会社であるUQmobairuの販売を始めました。

もともと格安SIMは店頭半は無くネット上でのみの案内でしたが、AUの方には非常に便利なサービスとなりました。

5、省エネ家電に切り替える

例えばLED電球などは一般の電球よリも割高になっていますが、電気代も安くて寿命も長いことからお得な家電と言えます。

この様に、無駄に電気代がかかっている家電が無いかチェックするのは、大きな節約に繋がります。

古い電気カーペットは、恐ろしいほどの電気代が掛かりますよ。